金沢大学サッカー部
Kanazawa Univ. Football Club since 1949

『金沢大学クラブハウス設立協力事業』寄附金趣意書

平成30年5月吉日
関係各位

金星会 会長 加藤 幸三
白鵬会 会長 稲坂  暢

謹啓

 皆さま方におかれましては、ますますご清栄のことお慶び申し上げます。
 昨年来よりHondaエスティーロ社の資本を活用しながら整備を進めていた人工芝ピッチがこのほど完成しました(金沢大学スポーツ・地域活性化ドリームプロジェクト)。国立大学では類を見ない照明付きのフルピッチ2面とジュニアピッチ1面が整備されました。本学サッカー部と医学部サッカー部にとっては昼夜を問わず、練習や公式戦が可能となりました。
 しかしながら、最高レベルに整備されたピッチであるものの、更衣室等の付帯施設は既存の体育授業用のものしかなく、屋外での着替えを強いられることがしばしばあり、荒天の場合は大変な状況になります。そこで金星会と白鵬会では、利用者であるサッカー部の部員やOBOGの皆さん、そして地域のサッカーファミリーの方々に少しでも快適で安全にこの施設を利用して頂くためのクラブハウス(更衣室やシャワールーム完備)の設立のための協力基金を募ることと致しました。つきましては、金星会と白鵬会の皆さま、あるいは、ご関係の企業の皆さまには本事業の趣旨にご理解とご賛同を賜り、格別のご支援とご高配を賜りたくご寄附をお願い申し上げる次第です。
 何卒、よろしくお願い申し上げます。

謹白

----------------------
発起人
加藤幸三(金星会会長・発起人代表)
稲坂 暢(白鵬会会長)
中嶋義人(金星会事務局長)
高村博之(金沢大学サッカー部総監督)
増田和実(金沢大学サッカー部部長兼監督)
二宮 致(金沢大学医学部サッカー部部長)
島 洋祐(金沢大学医学部サッカー部監督)
菊地修一(白鵬会会計幹事)
山本伸忠(事業事務局長)

寄附金募集要項
1.目標額
1,000万円

2.使途
金沢大学角間キャンパスサッカーピッチを大学サッカーリーグ戦や各種大会、OBOGの交流の場として利用できるよう、クラブハウスを設立するための協力資金とする。

3.期間
平成30年6月1日 ~ 平成31年3月31日

4.金額
個人:1口1万円〜  法人:1口10万円〜

5.お申込方法
① Webサイトからのお申込み(お薦めです)
下記のWebサイトへアクセスし、画面の案内にしたがってお手続きを行って下さい。各種クレジットカードやインターネットバンキングによるお支払いが可能です。この方法ならば手続きが迅速で寄附者管理が確実に行えるのでお薦めです。
*これについては、金沢大学基金室Webサイト から手続きをお願いします。
https://kikin.adm.kanazawa-u.ac.jp/kikin/kagai/list.html

② 振込用紙でのお申込み
振込用紙でのお申込みも可能です。OBOGの方へは金星会・白鵬会の事務局からお知らせがあります。
*「寄附金領収証明書」の送付やWebサイトでの公表のため、「振込用紙」にはご芳名とご住所、金額等をはっきりとご記入頂けますようお願い申し上げます。
*ご寄附者の特定ができないため、ATMの利用はご遠慮ください。

6.寄附金に対する税制上の優遇措置
ご寄附には、国立大学法人への寄附として、所得税・相続税・法人税の税制上の優遇措置(寄附控除)が受けられます。本学が発行する「寄附金領収証明書」を添えて、確定申告により手続きをお取りください。

〇個人からのご寄附に対する措置
当該寄附金額(ただし、総所得額の40%を限度とする)から2,000円を引いた額を所得税の課税所得から控除できます。さらに、寄附された翌年の1月1日に石川県内にお住まいの方は、県民税及び市町村民税の寄附金税額控除を受けることができます。2,000円を超え総所得額の30%までの寄附金額に対し、県民税は4%、市町村民税は6%を乗じた額が控除されます。(石川県税条例、県内市町村税条例)
石川県以外にお住まいの方は、それぞれお住まいの都道府県及び市町村により取扱いが異なりますので、お問い合わせ願います。

〇法人等からのご寄附に対する措置
寄附金の全額を損金算入することができます。

7.ご連絡・お問合せ先
山本伸忠  寄附事業事務局長
E-mail: nobu62930 (at) gmail.com 
*送信時は (at) を@に変えて下さい。

チーム概要

 金沢大学サッカー部は金沢大学が総合大学(新制大学)としての設置を受けた1949年(昭和24年)に時を同じくして創部されました。それ以前の石川高等師範学校などでは、体育教育や課外活動においてサッカーが実施されていました。そうした源流をたどればほぼ日本サッカーの草創期と同じく金沢の高等教育機関においてもサッカーが行われていたことになります。金沢大学を代表するサッカー部の戦績は北信越地区を代表するものであり、代表的な大会である北信越大学サッカーリーグでは最多優勝回数を誇ります(2018年大会は第46回大会。そのうち金沢大学サッカー部の優勝大会は第1回〜7、11、12、14〜20、23、34・・・合計18回)。平成に入って周辺私立大学が運動部の強化を図り、北信越大学サッカー界の勢力図が変わったことによってサッカー部は優勝から長く遠ざかっています。さらに、第40回大会以降は2部リーグへ降格し、1部リーグへの復帰が喫緊の目標となっていました。第46回大会へ向けて1部リーグ加盟チーム数を増加する方針が決まり、サッカー部は第45回大会の成績に基づき(第2位)、1部リーグへの昇格が認められました。第46回大会(平成30年度)からは北信越大学サッカーリーグのトップリーグにて上位に位置づけるよう新たなチャレンジが始まります。金沢大学サッカー部では、このチャレンジスピリットに共感してくれる学生の皆さんを募集しています。
 なお、金沢大学では「金沢大学スポーツ・地域活性化ドリームプロジェクト」の下、民間資本を活用した施設整備が行われ、国立大学では珍しく複数面の人工芝ピッチが完成しました。平成30年からは真新しい人工芝ピッチでの練習や試合が可能になります。
 OB会は金星会と称し、その設立は1966年(昭和41年)に遡ります。2016年(平成26年)9月の金星会総会では創立50周年を記念して祝賀会が執り行われました。OBOGには、教育界、医師会、産業界など斯界で活躍されながら、各都道府県のサッカー協会を中心に普及や強化活動で活躍されている方が大勢いらっしゃいます。

試合予定

【第46回北信越大学サッカーリーグ1部】

・第1節 / 4月7日10:00KO / vs 新潟医療福祉大 / @聖籠スポーツセンター(Eピッチ) / ●0-7
・第2節 / 4月28日10:30KO / vs 北陸大 / @北陸大学フットボールパーク / ●0-8
・第3節 / 5月5日11:00KO / vs 福井工業大 / @福井工業大学あわらキャンパス / ●1-6
・第4節 / 5月19日10:30KO / vs 松本大 / @金沢大学SOLTILO FIELD-A / △0-0
・第5節 / 6月2日10:30KO / vs 金沢星稜大 / @星稜高校G / ●3-4
・第6節 / 8月25日10:30KO / vs 富山大 / @金沢大学SOLTILO FIELD-A
・第7節 / 7月8日13:00KO / vs 信州大 / @信州大学旭町グラウンド / △2-2
・第8節 / 7月14日13:00KO / vs 新潟経営大 / @経大フィールド / ●1-5
・第9節 / 7月21日9:45KO / vs 新潟大 / @グランセナ新潟サッカースタジアムA
・第10節 / 8月11日10:30KO / vs 新潟産業大 / @金沢大学SOLTILO FIELD-A

【第46回北信越大学サッカーリーグ1部決勝リーグ】

・第1節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第2節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第3節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第4節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第5節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
 

【第42回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会】

・2回戦 / 6月9日11:00KO / vs 富山大 / @岩瀬スポーツ公園 / ○5-0
・3回戦 / 6月16日 10:15KO / vs 松本大 / @松商学園総合グラウンド / ●1-3

【第14回全日本フットサル大会石川県大会】

・1回戦 / 5月13日9:00KO / vs 金沢星稜大学Caetla / ハクサンフットサルセンター / ●2-2(PK1-3)

【2018年度第2回石川県1種サッカー選手権大会】

・Aブロック1回戦 / 6月17日 16:00KO / vs 野々市SC / @金沢大学SOLTILO FIELD-A
・Aブロック2回戦 / 8月19日 9:30KO / vs SR KomatsuとFC.TONトノールドの勝者 / @かほく市サッカー場
・Aブロック代表決定戦 / 11月25日 10:00KO / vs 金沢星稜大学 / @金沢市民サッカー場

【インディペンデンスリーグ北信越大会】

・第1節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第2節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第3節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第4節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第5節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第6節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定
・第7節 / 日時未定 / vs 対戦大学未定 / 会場未定

【第70回北陸地区国立大学体育大会】

・1回戦 / 6月23日 / シード / @金沢大学SOLTILO FIELD-A
・準決勝 / 6月30日 13:00KO / vs 富山大学医学部 / @金沢大学SOLTILO FIELD-A / ○2-0
・決勝 / 7月1日 13:00KO / vs 富山大学 / @金沢大学SOLTILO FIELD-A / ●0-7

【第30回石川学生サッカーリーグ】

・開催日未定

【第30回石川学生サッカー新人戦】

・開催日未定(4月頃の予定)

選手紹介

【スタッフ】
部 長 / 増田和実 / 金沢大学人間科学系
総監督 / 高村博之 / 金沢大学医学系 / (平成1年度医学部卒業)
監 督 / 増田和実 / 金沢大学人間科学系
【金星会役員】
会 長 / 加藤幸三 / 石川県サッカー協会参与 / (昭和44年度教育学部卒業)
事務長 / 中嶋義人 / シブヤマシナリー (株) / (昭和51年度工学部卒業)
【4年生】
安達 真 / 藤枝東 (静岡) / MF / 経済学類
大川雄輝 / 沼津東 (静岡) / DF / 物質化学類
本郷行秀 / 鈴鹿 (三重) / FW / 学校教育学類
本多諒吉 / 羽咋 (石川) / DF / 薬 / 創薬科学類
【3年生】
雨宮昂星 / 上田 (長野) / MF / 国際学類
笹島 連 / 金沢桜丘 (石川) / DF / 電子情報学類
鈴木康平 / 駒場 (東京) / MF / 地域創造学類
判野理香 / 岐山 (岐阜) / マネージャー / 法学類
 
【2年生】
青地修也 / 高志 (福井) / MF / 経済学類
青山繁伸 / 高蔵寺 (愛知) / MF / 環境デザイン学類
石井悠人 / 高崎 (群馬) / FW / 自然システム学類
岡田颯馬 / 茨城 (茨城) / MF / 自然システム学類
上村孝弘 / 韮山 (静岡) / トレーナー / 保健学類
茅田大輝 / 松山東 (愛媛) / DF / 環境デザイン学類
栗本紘希 / 高崎 (群馬) / DF / 経済学類
武隈雄亮 / 富山東 (富山) / DF / 経済学類
武隈基浩 / 富山東 (富山) / MF / 物質化学類
田中日菜向 / 新潟 (新潟) / マネージャー / 国際学類
中村聡一郎 / 膳所 (滋賀) / MF / 学校教育学類
新田 燿 / 富山 (富山) / FW / 物質化学類
服部星都 / 暁 (三重) / FW / 人文学類
林 敬大 / 金沢桜丘 (石川) / MF / 法学類
紅粉和貴 / 大門 (富山) / DF / 経済学類
三島賢太郎 / 暁秀 (静岡) / DF / 地域創造学類
峯田敬斗 / 北見北斗 (北海道) / GK / 自然システム学類
森永哲平 / 各務原西 (岐阜) / DF / 人文学類
【1年生】
小椋博文 / 豊岡 (兵庫) / GK / 数物科学類
尾台友海 / 上田 (長野) / マネージャー / 保健学類
寺西綾香 / 金沢附属 (石川) / マネージャー / 地域創造学類
西野太貴 / 丸岡 (福井) / DF / 保健学類
新田 開 / 富山東 (富山) / GK / 地球社会基盤学類
藤井竜也 / 富山南 (富山) / DF / 理工学類
 
増田俊介 / 藤枝東 (静岡) / MF / 経済学類
守田健杜 / 金沢 (石川) / MF / 経済学類
龍門出海 / 奈良学園 (奈良) / MF / 理工学類
 
 
 

チーム規約

第1章 総則

(名称)
第1条
本クラブは金沢大学サッカー部(Kanazawa University Football Club)と称する。
(事務所)
第2条
本クラブの主たる事務所は、部長の居室(金沢大学キャンパス内)に置く。

第2章 活動目的、活動内容

(目的と内容)
第3条
本クラブは、金沢大学の公認クラブとして、サッカーの競技力向上とその普及に関する活動を行い、とりわけ大学スポーツの振興及び大学生の人間力の涵養に寄与することを目的とする。
第4条
本クラブは前条の目的を達成するために次に掲げる活動を行う。
1)大学生のサッカー競技力の向上を支援する。
2)大学生の人間力 / 社会人力の涵養を支援する。
3)金沢大学の価値を高めることに貢献する。
4)スポーツ活動に対する、大学内外の人々の理解を高める。
5)地域のスポーツ振興に貢献する。

第3章 運営組織

第5条
本クラブは第3条及び第4条を施行するために、本部、指導部、金星会を設置する。
第6条
本部は、金星会役員・部長・総監督・監督・顧問で構成され、本クラブの全活動を掌握し、運営に関する指針を呈する。また、クラブ総会を招集する。別に定める運営細則に従う。
第7条
指導部は、部長・監督・顧問・主将・副主将で構成され、指導や試合に関わる事項を討議、議決し、現場で活動する機関とする。別に定める指導部会運営細則に従う。
第8条
金星会は本クラブのOB会であり、本クラブを後援する機関とする。本クラブの卒業生は原則、金星会に帰属する。別に定める金星会運営細則に従う。

第4章 会員

第9条
本クラブの会員は金沢大学に在籍する学生で構成する。
(入会)
第10条
会員は次に掲げる条件を備えなければならない。
1)本クラブ活動に積極的に参加する意志を有するものであること。
2)大学生として学問との両立を図り、自己管理を通じて競技力向上と心身の自己研鑽に努める意志を有するものであること。
3)スポーツ活動や地域貢献を通じて、金沢大学の価値と品位の向上に貢献しようとする意志を有するものであること。
4)地域のスポーツ振興に積極的に貢献しようとする意志を有するものであること。
5)大学スポーツを通した青年の育成に対して保護者の同意を得たものであること。
6)入会を希望するものは、クラブが定める入会申込書を部長へ提出することによって申し込むものとする。
7)本クラブは、前項のものの入会を認めないときは、速やかに理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。
(入会金及び会費)
第11条
会費は、クラブ総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。
第12条
既納の会費は、返還しない。別に定めるクラブ運営細則に従う。
(会員の資格等)
第13条
会員が次の各号の一つに該当するに至った場合は、その資格を喪失する。
1)退会届を提出し、受理されたとき。
2)継続して6ヶ月以上会費を滞納したとき。
3)金沢大学もしくは本クラブの名誉を著しく損ねたとき。
4)金沢大学から除籍されたとき。
(退会)
第14条
会員は、クラブが別に定める退会届を部長に提出して、任意に退会することができる。
(休会)
第15条
会員は、クラブが別に定める休会届を部長に提出して、一時的に休会することができる。
第16条
休会に際して休会届の翌月からの会費納入は免除される。ただし、休会期間が会計年度を跨ぐ場合には年会費を納入する。
第17条
休会期間を満了し復会する場合は、復会する月から会費を納入する。

第5章 役員

(種別及び定数)
第18条
各組織に次の役員を置く。
1)本部役員:金星会役員・部長・総監督・監督・顧問
2)指導部役員:部長・監督・コーチ・顧問・主将・副主将
3)金星会役員:会長・事務局長・会計
(選任等)
第19条
部長は、金沢大学の教員から選出され、金星会総会の承認を受ける。総監督は、金星会会員の中から金星会の推薦を受け、金星会総会において承認される。監督は、総監督もしくは部長の推薦を受け、金星会総会において承認される。監督は、必要に応じて顧問やコーチを指名することができる。主将はクラブ会員の投票の過半数の得票をもって選出され、監督の承認を受ける。なお、次点のものは副主将となる。
1)総監督は金星会会長を兼任できない。
2)指者部構成役員は、金星会会長を兼任できない。
(職務)
第20条
部長は、本クラブを代表し、会員の掌握と運営ならびに指導全般を指揮・監督する。また、大学内の課外活動に関わる委員会への出席を職務とし、本クラブの活動の促進に向けて協議する。また、監督を推薦・指名する権限を持つ。
第21条
部長の任期は、5年とする。ただし、再任を妨げない。
第22条
総監督は、部長とともに本クラブの運営全般を指揮する。とりわけ、本クラブと金星会とを仲介する。
第23条
総監督の任期は、5年とする。ただし、再任を妨げない。
第24条
監督は、前項の本クラブの活動を施行するために指導部を構成し、指揮・運営することができる。また、構成する指導部役員(部長以外)を指名・解任する権限を持つ。
第25条
監督の任期は、5年とする。ただし、再任を妨げない。
第26条
金星会会長は金星会を代表して本部を構成し、審議する。
第27条
金星会会長の任期は、別に定める金星会運営細則に従う。
(解任等)
第28条
部長ならびに監督は金星会総会あるいはその臨時総会の3分の2以上の決議によって解任される。
第29条
部長あるいは監督の解任に伴って、顧問や指導部会は解散する。新たな部長ならびに監督の任命後に新指導部会が再組閣される。

第6章 総会

第30条
本クラブの総会は、定例総会及び臨時総会とする。
第31条
総会は会員をもって構成し、総会における議決権は1会員1議決権とする。ただし、総会出席、発言は妨げない。
(機能)
第32条
総会は、以下の事項について議決する。
1)規約の改正
2)細則の改正
3)収支予算及び決算に関する事項
4)役員の選任に関する事項
5)会費に関する事項
6)活動報告、活動計画に関する事項
7)その他、本クラブの運営に関する重要事項
(開催)
第33条
クラブ総会は、年1回開催する。臨時総会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
1)部長が必要と認め、招集を要請した場合。
2)クラブ会員総数の5分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の要請があった場合。
第34条
総会の議長は、その総会において出席した会員の中から選出する。
第35条
総会は、会員総数の2分の1以上の出席によって成立する。
第36条
総会における議決は出席した会員総数の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
第37条
総会の議事については、本部が議事録を作成しなければならない。

第7章 会計及び傷病保険

(会計)
第38条
1)本クラブの会計年度は、毎年12月1日から翌年11月30日までとする。
2)本クラブの経費は、会費、寄付及びその他収入を以て充てる。
3)会費は別に定めるクラブ運営細則による。
(傷病保険及び事故)
第39条
1)会員のクラブ活動中における事故に関する傷病保険は、すべて会員本人もしくは保護者が保険料を負担する。
2)会員は、大学が指定する傷病保険に加入しなければならない。
3)指導者、審判員の傷病保険が必要な場合は、本クラブが負担する。
4)本クラブは、スポーツ活動中における事故については、本クラブの指定する傷病保険の適用範囲以内において責任を負う。
5)会員の団体での移動については、原則として本クラブは責任を負わない。

第8章 雑則

(細則)
第40条
本規約の施行に必要な細則は、総会の議決を経て、部長が定める。
2016年12月20日総会承認
2016年12月21日施行
2017年12月12日改定

お問い合わせ

入部や練習試合のお問い合わせは電子メール、もしくはFacebookやTwitterのメッセージ機能からご連絡下さい。