ホーム > 専修紹介 > 英語教育専修

学校教育学類 教科教育学コース
英語教育専修

ボーダーレス化の中でさらに
高まる英語教育の重要性


英文学の演習

  日本には現在,約200万人の外国人が定住し,年間約2000万人が日本を新たに訪れていて,民間レベルの国際交流活動も盛んになっています。このような状況の中で,英語を学ぶことの重要性はますます高まっています。本専修ではしっかりとした英語力を身につけ,英語そのものに関する深い知識や英語をとりまく文化に関して深く学びます。さらにその知識を実践と結びつけて教えることができる英語教師を養成することで,英語教育を通して国際化に貢献できる人材を輩出しています。

しっかりした英語力を基盤とし
英語教師としての知識・技術を養う


附属中学校での教育実習

 「英語教育専修」では,高い英語運用能力と,深い知識や実践的能力を持った教師を養成するため2年前期から,英会話,英作文などの運用能力育成のための授業と平行して,英語学概論,英語音声学,英米文学演習など,専門的知識を深める授業が用意されています。さらに,英語科教育法,英語科授業研究,英語科カリキュラム研究などを通じて,専門的知識を活かした授業方法について実践を行います。4年次には,英語教育,英語学,英米文学からテーマを選んで卒業論文を作成します。

英語教育専修って,どんなところ?

 英語教育専修では英語学,英文学,米文学,英語教育の4分野を中心に学びます。そして授業研究や教育実習など実践的な活動を通して英語教育を 学ぶことができ,様々な教育方法を学習しながら,専門的な知識や技能を伸ばしていけます。日本の英語教育の在り方について様々な議論がある中で,最先端の英語教育に触れることができることも魅力の一つです。また,留学したり留学生と関わったりする機会が多く,多様な価値骰や文化に触れ,自分自身を高めていくことができます。お互いに刺激し合いながら,毎日楽しく学んでいます。

東 真里奈(英語教育専修4年)

英語教育専修Q&A

  • 人文学類や国際学類で英語を学ぶのとはどのように違いますか?
  • 英語教育専修では,英語そのものの知識や技能の向上を目指すだけでなく,英語を教えるために必要な知識や実践的能力を身につけます。
  • 英語の教師にはどのような資質が必要ですか?
  • 英語を学ぼうとする意欲に加えて,教えることが好きなこと,また人と良好な人間関係を築いていける能力が必要です。
  • 英語専修のカリキュラムはどのような方針で作られていますか?
  • 英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)をしっかりと身につけると同時に,生徒にわかりやすく英語を教えられるための知識・技術が身につけられるように構成されています。
ページのトップへ