ホーム > 専修紹介 > 家政教育専修

学校教育学類 教科教育学コース
家政教育専修

子どもたちの
そして私たちの生活を考えよう!


調理実習(会食中)

 家族の変化,消費生活の変化,環境問題の深刻化など,私たちの生活する社会は様々に変化しています。そのような中で,次世代を担う子どもたちは,今,どのような生活を送っているのでしょうか。また,私たちは日々の生活・ライフスタイルをどのように考えていけばよいのでしょうか。
 家政教育専修では,“生活”に関わるさまざまな事柄を総合的に検討し,子どもたち,そして私たちのより豊かな生活を考えていきます。

生活者の視点から
物事を考えられる力を身につけよう!


オムツの快適性について実験中

 「家政教育専修」では,個人・家族のよりよい生活を目指すために,家庭や日常生活に関する科学や技能を学ぶと同時に,社会の変化に対応した課題を見出し,解決する能力を養っていきます。本専修で扱う題材は“生活に関わる人・もの・こと”であり,その範囲は衣食住をはじめ大変広いものです。つまり,日常的な生活のレベルから,専門性の高い研究まで幅広く学ぶことができるのです。そのために,講義・実験・実習など,さまざまな授業が用意されています。

家政教育専修って,どんなところ?

 私は,石川県で初の中・高の男性家庭科教員になるために勉強しています。「男性だから」「女性だから」という言葉をよく耳にしますが,現在はそういった差が無くなってきています。家政教育専修では,家庭科に関することはもちろん,男性・女性の社会に対しての関わり方の変化を学び,社会に出て実践する力を身につけています。

山川 岳(家政教育専修4年)

家政教育専修Q&A

  • 家政教育って,調理実習や被服実習が中心ですか?
  • いいえ,そうではありません。授業科目の中に調理実習や被服実習もありますが,あくまでも授業科目の一つです。保育や住居,消費・環境・家族・ジェンダーなどについて学ぶ科目もあります。上述したように,家政とは,“生活”を考える学問です。技能を身につけるだけではありません。理論的な講義もあれば,実験実習もあります。広く深く生活を探求し,生活力を身につけていく専修です。
  • 男性も家政教育で学べますか?
  • もちろんです。男女関係なく,皆が“生活”しています。実際に家政教育専修には男子学生もいます。家政を知れば,家政のイメージが変わること間違いなし!

 

家政教育専修HP

  家政教育専修HPはこちら
ページのトップへ