ホーム > 専修紹介 > 音楽教育専修

学校教育学類 教科教育学コース
音楽教育専修

表現力の習得から
音楽教育について学ぼう


金管アンサンブルの授業風景

 個性や創造性を培うことは子どもたちの成長を支援する上で最も大切であり,中でも感性を源とした音楽教育が担う意義は多大です。
  現在日本の抱える様々な問題を背景に,創造的心情,豊かな感受性と自己表現能力を育む「情操教育」の重要性が再認識されています。
  本専修のカリキュラムは,自ら音楽表現者の一人としてのコミュニケーション能力を身につけ,音楽の多様性を知ることから始まります。そして,それを伝達するのに必要な知識や技術を習得し,より実践的な音楽教師の養成をめざします。

子どもたちとともに感動したい!!
そんな音楽教師を志す若人のために
多彩なノウハウを提供します


邦楽器(三味線)の授業風景

 「音楽教育専修」では,子どもたちの感性を育てるための指導法と,音楽教師自らの表現力と創作力を高めるための実践的授業を軸に,多様なカリキュラムが組まれています。講義・演習では音楽教育と音楽理論,実技では声楽・ピアノ・創作・合唱・合奏・三味線など様々な分野から音楽を学ぶことができます。とくに音楽教育の講義では模擬授業や観察実習などの実践的な指導により教師のスキルを磨きます。また“学んだことは発表する”をモットーに行われている定期演奏会や卒業演奏会,論文発表会などは音楽教育専修ならではの行事であり,多くの卒業生はこの行事から得た経験を支えとし,音楽教育界で活躍しています。

音楽教育専修って,どんなところ?

 音楽教育専修では,ピアノ・声楽・作曲・音楽教育(論文)から専門を選んで学ぶ他に,副科・音楽理論・音楽史などの基礎的なことを学びます。更にアンサンブル・日本の伝統音楽・教材研究といった教師になる上で必要となる知識を身につけます。音楽活動にも積極的に取り組んでいます。冬には3,4年生が出演する定期演奏会があり,全員が運営に携わります。全体で20名程の専修なので,学年をこえて仲がよくアットホームな雰囲気です。

越村 真穂(音楽教育専修4年 ピアノ専攻)

音楽教育専修Q&A

  • 私は音楽教育専修で勉強したいと思っています。高校では「音楽」を選択しませんでしたが,それでもこの専修を希望できますか?
  • 「音楽」を選択していた方が望ましいのですが,していなくても希望できます。本専修では,部活動や様々な場での音楽経験も大いに評価しますので,貴方の音楽活動をアピールして下さい。
  • 大学には卒業論文があると聞きました。将来音楽の教師になりたいのですが,その場合は音楽教育の論文を書くことになるのでしょうか?
  • 卒業論文または卒業演奏・卒業作品演奏から選択できます。優秀な音楽教師になるためには,様々な楽器奏法や理論の習得が必要です。どの分野においても専門性を高めていくことが将来への自信に繋がると思います。
ページのトップへ