ホーム > 専修紹介 > 数学教育専修

学校教育学類 教科教育学コース
数学教育専修

数学教育の視点から
学校教育を考えよう


学生による模擬授業(算数科教育法)

 義務教育段階での算数・数学の学びが,今まで以上に期待されています。それは,数学が高度情報化社会の基盤であり,様々な場面で活躍しているからです。一方,国際学習到達度調査(PISA調査)の結果から,日本の子どもたちの数学の力や数学に対する意識が話題になっています。このような現代的課題から,本専修では,数学の本質を学ぶと共に,教育としての算数・数学のあり方を,カリキュラム・教材・指導法・子どもの実態等の視点から学ぶことをめざしています。

数学の力を高め
学校現場で活躍できる能力を養う


ゼミナール(数学科教育演習)

 「数学教育専修」では,数学に精通する実践的な教師を育成するため,2年前期から代数学・幾何学・解析学などの数学専門の講義・演習が始まります。それと並行して,数学教育に関する「数学科教育法」「数学科授業研究」などの講義・演習などで,座学だけでなく,模擬授業をしたり,附属小中高で授業観察をしたりすることなどを通して教師としての力をつけていきます。4年次には,数学教育,代数学,幾何学,解析学の中から1つのゼミナールを選択して卒業研究を行い,卒業論文にまとめます。

数学教育専修って,どんなところ?

 数学教育専修では,大学数学と数学教育の両方を学ぶことができます。4年次には解析学·代数学・幾何学・数学教育の各ゼミナールを選択することができ,自分の興味に合わせて更に掘り下げて学ぶことができます。
 また,定期的に専修全体での交流の場があり,多くの仲間たちとお互いに高めあって学んでいます。

大槻隼人(数学教育専修4年)

数学教育専修Q&A

  • 高校時代「数学Ⅲ」や「数学C」を履修していませんが,数学の授業についていけますか?
  • 「数学Ⅲ」や「数学C」を履修していることが望ましいですが,一般選抜の「個別学力検査」では,「数学Ⅱ」「数学B」までしか課していません。このことを考慮して,数学専門の導入科目では高校の内容を振り返ったり,演習の時間を多く取り入れています。
  • 将来数学の教師になりたいのですが,4年次のゼミでは,数学教育のゼミに入らなくてはならないのですか?
  • 優秀な数学の教師になるためには,数学の力をつけることが必要条件です。ですから,数学教育以外の興味のあるゼミ(代数学・幾何学・解析学)に入ってもよいのです。
ページのトップへ