ホーム > 学類について > コース・専修別の教育目標

コース・専修別の教育目標

 学校教育学類では,小学校,中学校,特別支援学校などの諸学校の教師を組織的・計画的に養成することを主な目的とし,プロの教師に必要な資質と能力の育成を行います。
教師自身がグローバルな視野に立って考え行動する市民的教養と行動能力を身につけることをベースに,教師としての使命感,教育的愛情,教育観,子ども観および専門的な諸能力の育成を目指します。とりわけ,教科等に関する専門的な知識や技能の習得はもとより,それらを教授する能力,子ども達とコミュニケーションする能力,子ども達の間での討議・討論,自主的・自治的活動を援助する能力の育成を重視します。
これらの教育目標を達成するため,学校教育学類は,教育科学コースと教科教育学コースの2つのコースから構成されています。さらに,教育科学コースは,教育基礎と特別支援教育の2つの専修に,教科教育学コースは,国語教育,社会科教育,数学教育,理科教育,音楽教育,美術教育,保健体育,家政教育,英語教育の9つの専修に,それぞれ分かれています。

教育科学コース

教育基礎専修

特別支援教育専修

教科教育学コース

国語教育,社会科教育,数学教育,理科教育,音楽教育,美術教育,保健体育,家政教育,英語教育の9専修から構成

ページのトップへ