ホーム > 学類について > カリキュラム

カリキュラム


学校訪問による授業アシスタント

 学校教育学類のカリキュラムは,学類のすべての学生が履修する「学類共通科目」,2年次のコース・専修所属後に履修する「専修基礎科目」と「専修専門科目」の計3つの科目から構成されます。「学類共通科目」では,教師に必要な資質能力を育成するための授業科目を学習し,同時に小学校教諭免許状取得に必要な単位も修得できます。「専修基礎科目」では,教育学あるいは特別支援教育,自分の得意とする教科やその学習についての知識・技能を習得し,ここで特別支援学校または中学校教諭免許状に必要な単位が修得できます。「専修専門科目」では,模擬授業など実践的な内容の授業で,教師に求められる諸能力のスキルトレーニングを行います。
  本学類の教育の特徴としては,演習や学校での実習に重きをおいたカリキュラム,「教師になるためのノート」通称「なるためノート」を使った自主学習支援システムの導入,採用試験対策や履修ガイダンスなどのサポートシステムの充実などがあげられます。

専修専門科目

専修基礎科目

学類共通科目

ページのトップへ